お口から健康へ

歯周病は全身に影響を及ぼします

歯周病は歯を失う大きな原因です。歯は食べ物がはじめて出会う「消化器」であるだけに歯周病で歯を失うと、からだ全体に大きな影響が及ぶ可能性があります。そして今、歯周病が全身のさまざまな病気に関わっていることが分かってきました。

歯周病対策で健康力アップ

歯の病気とからだの病気

脳…脳の活性化

噛む刺激で脳が活性化します。認知症や眠気防止になります。学習能力も高まります。(優しく噛むことで十分効果があります。)

肺…肺炎

肺炎の中に、誤嚥性肺炎があります。これは食べ物や唾液が食道にいかず、誤って肺に入ってしまうことで起こります。高齢者や寝たきりの方に多く見られます。歯周病菌があると発生しやすく、高齢者の死亡原因の1つといわれています。

心臓…心疾患

歯周病菌が血液の中に入り、動脈硬化を起こしている血管に付着することでより悪化させると言われています。

すい臓…糖尿病

歯周病が重度になるほど、糖尿病が悪化します。膵臓のインスリン活性を混乱させ、血糖値コントロールが難しくなり、糖尿病が悪化します。

骨…骨粗鬆症

歯周病は歯を支える骨が減る病気です。骨密度が減る骨粗鬆症は歯周病が進行しやすくなると考えられます。

おなか…肥満

ゆっくり良く噛むと満腹中枢が刺激されます。1口30回噛むと満足しやすいとされています。厚生労働省でもすすめております。

子宮…早産、低体重児出産

妊婦さんが歯周病ですと赤ちゃんが小さく生まれたり、早産になりやすくなります。妊娠中は悪阻でハブラシしづらく、ホルモンの変化のため歯周病になる方が多いです。