顕微鏡歯科

歯の治療はとても細かい作業です。
口の中は暗くて狭く見えにくいため、肉眼での治療には限界があります。
当院では、より正確かつより精密な治療を行うため、肉眼の4~24倍の大きさで見ることができるマイクロスコープを導入しています。

心臓外科手術など精密な治療が求められる医科の特定分野では、拡大鏡を使用することが一般的になっています。
マイクロスコープからは光が照射され、これまで暗くて見えづらかった歯の細部にわたり、高倍率で見ることができます。マイクロスコープを使用することにより、歯科医師の経験や勘だけに頼ってきた治療では出来なかった高度なレベルの治療を行うことが可能になります。根管治療や歯周病など治療のレベルを格段に向上させることができます。

しかし、全国の歯科医院でマイクロスコープが設置されている医院は5%程度と少ないのが現状です。また、マイクロスコープを設置していても、歯科医師がそれを使いこなせる知識と技術を身に付けていなければ、精度の高い治療を提供することはできません。当歯科医院では、より精密で高度な治療を患者様に提供するため、日々研鑽を積み、技術の向上に努めております。

マイクロスコープを使用して見た映像
顕微鏡歯科の利点、欠点
顕微鏡治療の研鑽について

顕微鏡治療の特徴を生かした治療例

歯髄(歯の神経)の保存治療
歯根破折とは
パーフォレーションリペア
外傷歯
根管治療
ファイル除去
歯石除去(歯周治療)
むし歯治療
歯周形成外科
歯根端切除について