入れ歯(義歯)・ブリッジ

歯を失ってしまった方へ

歯が抜けたままだと

残念ながら歯を失ってしまった場合、放置すると隣の歯が傾いたり、かみ合う歯が伸びだしてきたりします。
歯は隣の歯と支えあい、上の歯と下の歯でかみ合い、高さを維持しています。抜けたまま長期間放置するとさらに問題が大きくなってしまうのです。
当院では、インプラントをはじめとして入れ歯(義歯)やブリッジ等様々な方法でかみ合わせを回復させることが可能です。
歯が抜けてしまってそのまま放置してしまっている方やお悩みの方は是非一度お訪ねください。

インプラント・入れ歯(義歯)・ブリッジの違い

インプラント ブリッジ 入れ歯(義歯)
メリット
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 外見上も不自然さがない。
  • インプラント(埋め込み)なのでしっかり固定され、他の歯に負担をかけない。
  • かむ力もあり天然の歯と変わらない食感を楽しめる。
  • かみ合わせが良く、顎の骨が痩せるのを防ぐ。
  • 失った歯の本数が少ない場合に適応する。
  • 取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定している。
  • かむ力も回復できる。
  • 保険適用されるものもある。
  • 取り外しができる。
  • ブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがある。
  • 保険適用されるものもある。
デメリット
  • 保険は適用されない。
  • 費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度。
※治療本数、部位などによって費用は多少異なります。
ご質問やご相談はお気軽に。
  • ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかける。
  • ブリッジを支える健康な歯を削らなければならない。
  • 不安定なためかむ力は弱くなる。
  • 違和感がある場合が多い。

入れ歯(義歯)

合わない入れ歯、あきらめていませんか?
合わない入れ歯の7つのチェックポイント
入れ歯(義歯)の種類
合わない入れ歯はかみ合わせが原因かも
できたばかりの入れ歯はまだ半製品

ブリッジ

ブリッジの適応
ブリッジの治療の手順
ブリッジの種類
症例
ブリッジの手入れ